花いっぱい運動 | 燃ゆる感動 かごしま国体・かごしま大会 日置市実行委員会
     

花いっぱい運動

花いっぱい運動とは

令和2年(2020年)開催の「燃ゆる感動かごしま国体」開催時、各競技会場、駅、道路、その他周辺地域等を花でいっぱいにし、全国から来県する方々をまごころこもったおもてなしで歓迎する取組みのことです。
ご自宅や学校、地域の公園など身近なところで育てた花でいっぱいにしてお迎えしましょう。

かごしま国体・かごしま大会の推奨花

かごしま国体の花いっぱい運動を展開するにあたって、大会を象徴する推奨花13種類が選定されました。

推奨花

マリーゴールド

サルビア

コリウス

ジニア

ニチニチソウ

センニチソウ

ペンタス

ポーチュラカ

ハゲイトウ

クロトン

ブーゲンビリア

ハイビスカス

ローズマリー

平成30年度における日置市の花いっぱい運動

平成30年度は「実証栽培」として、市内の小中学校や地区公民館、競技会場等で栽培をしていただきました。
いちき串木野市の市来農芸高等学校が育苗した「マリーゴールド」、「サルビア」、「ニチニチソウ」、「コリウス」の4種類(約800苗)を、県実行委員会から配布された培養土やプランター、プランターシールと一緒に学校等に配布しました。配布時期が8月だったため、猛暑の影響で育成が難しい部分もありましたが皆さん上手に育苗していただきました。

サルビア

綺麗に咲いたサルビア

吹上浜公園体育館

吹上浜公園体育館

吹上浜公園体育館

応援メッセージ

協賛企業

©︎2019 Hioki city Kagoshima kokutai